A FRUIT TRIP AROUND THE WORLD

今月のイベントは、Fruit trip around the Worldでした。フルーツと野菜の定義が各国に違いがあり、世の中には種がある物はフルーツと言う解釈もあるようで、アボカドなんかをフルーツとしている所もあるようです。
日本では、農林水産省が、食用に供し得る草本性の植物で、加工の程度の低いまま副食物として利用されるものを「野菜」。 2年以上栽培する草本植物及び木本植物であって、果実を食用とするものを「果樹」として取り扱うとしています。

何はともあれ、フルーツの呼び方や各国での食べる物の違いや、食べ方の違いなど、英語のコミュニケーションと同じように、各国の文化を反映します。このような世界的な違いを理解していく事は、コミュニケーション能力の上達に繋がると考えております。
この機会に、世界中のフルーツの種類や名前、食べ方などを確認してみましょう。

フルーツが浮かぶか?沈むか?

前の記事

Summer School 2021

次の記事

Cultural Festival