認定こども園 松操保育園と英会話教室α-ECOの新しい英会話の取り組みがスタート

1日たったの15分で日常英会話を保育園児が習得できる「おうち英会話」実践に向けたオンラインレッスンを5月よりスタート

認定こども園 松操保育園
カラン認定英会話教室 α-ECO(アルファエコ)

認定こども園 松操保育園(所在地:名古屋市中川区小本本町3-92、園長 河瀬 松寿、以下、松操保育園)とカラン認定英会話教室のα-ECO(アルファエコ)(所在地:愛知県犬山市丸山天白町、ゼネラルマネージャ:奥村正樹、以下、α-ECO)は、園児たちが日常会話を英語でコミュニケーションできるようになることを目的に、
「おうち英会話」の実践に向けたオンラインレッスンを5月より導入致します。

「おうち英会話」とは文字通り、英会話によるコミュニケーションを家庭内で行う事です。英語圏ではない環境で英語力をつけるためには、少しずつでも毎日英語を使うことが重要です。よく「発音が気になるから」「ネイティブではないから」といった理由から、お子さまたちに英語で話しかけることを躊躇されてしまいます。
でも大切なことは、まずご家族が積極的に英語で話しかけることで、お子さまたちが英語に触れる「楽しさ!」や「家族と英語でお話ができた!」という喜びを感じることであり、そのためには、お子さまたちに一番身近なご家族が、英語に楽しそうに触れている姿を見せてあげることがとても効果的です。

 松操保育園では、園児たちへの教育の一環として、卒園までに日常会話を英語で行えるよう、英語でコミュニケーションしやすい環境整備として、英会話教育に精通した講師を正規職員として採用し、登園から帰宅までの園生活で、日常的に頻度の高い会話を英語で行いながらも、詰め込み型で園児たちの負担にならないよう、あくまでも日常生活の一部として展開していきます。
また、α-ECOではこの取り組みを補完するために、日常英会話とフォニックスのトレーニングとして、ご家庭でも出来る、1日15分のオンラインレッスンを週3回提供していきます。

 新しい取り組みに対する園長コメント
 松操保育園 河瀬 松寿
「このようなシステムを導入する事が、ご家庭と一体となって次世代を担う園児たちに、早い段階からグローバル社会に対応できる能力を伸ばすきっかけを与え、子どもたちの将来の可能性を広げていくことに繋がることに期待しております」

導入の背景
IT環境の進化に伴い、あらゆる情報収集が手軽に行えるようになり、世界中の誰もが同じ情報を容易 取得できるようになっています。情報化をはじめとした社会の変化のスピードが今もなお加速する中、
グローバルにコミュニケーション出来ることが重要だと理解する一方、日常生活では日本語はもちろ ん、英語でその感覚を身につけることは、なお難しくなっています。

すぐにでも出来る取り組み ~「おうち英会話」~
お子さまたちは、何よりもご家族にお話を聞いてほしい、ご家族とお話したいと思っています。
家族と一緒に楽しみながら英語でコミュニケーションできる喜びを伝えることができます。
た、お子さまたちが日本語を覚えた時と同様に、たくさん話しかけていく中で、表情での反応から声に して意思表示をするようになっていくことを、英語でも可能にしていきます。

カラン認定英会話教室アルファエコの最新情報をお届けします